脂性(オイリー)肌化粧水おすすめランキング

オイリー(脂性)肌におすすめの化粧水は?

 

 

脂性肌化粧水

 

 

 

脂性(オイリー)肌でお肌がすぐにテカってしまう、化粧が崩れやすい、

 

普段は混合肌だけど夏場だけ脂性(オイリー)肌で困る・・・

 

そんな方は いますぐ化粧水でのケアを見直しましょう

 

ベタつきやすくてニキビができやすいオイリー肌のケアにぴったりな化粧水をランキングでご紹介中。

 

オイリー肌でお肌がベタついてしまう原因は?

 

脂性肌におすすめの化粧水でのケア方法とは?

 

ニキビができにくい肌を目指すのにぴったりな化粧水は?

 

あなたの そんな疑問はここで解消しましょう!

 

 

脂性(オイリー)肌化粧水 おすすめランキング

 

脂性肌(オイリー)モニターが実際に試した化粧水の口コミをもとにおすすめランキング化しています。

 

表示は税抜き価格です。

 

富士フイルム ルナメアAC
ルナメア いままで スキンケアをするそばからテカっていた、という方でもこれなら さらっと感が続く! 化粧崩れがしにくくなってきた、と話題沸騰中なのがルナメア。

 

ルナメアは富士フイルム独自のテクノロジーで、毛穴に集中的に浸透するタイプの化粧水

 

保湿がゆきわたると、自然と毛穴が閉じるようになるお肌のメカニズムで もっちり潤うのにあぶら浮きしにくくなると口コミでも大評判です。

 

1週間トライアルキットには サラサラ感が長時間キープしやすくなるジェルも入っていてとっても便利。

 

今ならうれしい送料無料です。

 

脂性肌化粧水

価格 容量 みんなの評価
1,080円(税込)送料無料 約7日分 脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

 

オルビス クリアローション さっぱりタイプ

オルビスのクリアローションさっぱりタイプは さらっとしたテクスチャで すぐにお肌に浸透。しかも薬用成分配合で ニキビ予防にもつかえるスグレモノ化粧水。

 

皮脂が出やすい肌でも ベタつきにくく使えると口コミで大評判です。

 

化粧水だけでなく 、洗顔料と保湿も薬用。この3アイテムが3週間しっかり試せる トライアルセットが1,200円

 

送料無料、 そして30日以内なら返品・交換OKです。

 

脂性肌化粧水

 

 

 

価格 容量 みんなの評価
1,200円 約3週間分 脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

 

アスタリフト
アスタリフトには 話題の成分アスタキサンチンをはじめとしてコラーゲンなどの保湿に欠かせない美肌成分が 独自の技術で浸透しやすく配合されています。

 

べたつきたくないけど、さっぱりしすぎるのは苦手という方や 脂浮きしやすい年齢肌の方に特におすすめです。

 

今なら 化粧水だけでなく、美容液やクリームが10日たっぷり試せるトライアルセットが 1,000円。 しかも送料無料です。

 

脂性肌化粧水

 

 

価格 容量 みんなの評価
1,000円 約10日分 脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

 

 

オイリー(脂性)肌なら化粧水ケアがおすすめ!

 

脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

何をつけても オイリーになってしまう、すぐにお肌がテカってメイクが崩れる・・・

 

そんな脂性(オイリー)肌、お肌の奥がカラカラに乾ききっていることが原因かもしれません。

 

こんなにテカっているのにお肌が乾燥?と驚くかもしれません。

 

ですが過剰な洗顔や エアコンなどで気がつかないうちに乾燥肌になっていることも。

 

隠れ乾燥肌とも呼ばれる このお肌の奥の乾燥ですが、これがなぜオイリー肌の原因になるのでしょうか?

 

 

私たちのお肌は 水分が不足してしまうと これ以上減ることがないように、皮脂を出して毛穴にフタをすることで守ろうとする習性があります。

 

 

つまり、皮脂を取り除くだけのケアでは 余計に皮脂を分泌させてしまうのです。

 

 

ですのでオイリーなお肌こそ、化粧水をたっぷり含ませましょう。

 

水分が十分に足りてくると 過剰な皮脂に悩むこともなくなってきますし、毛穴も自然に閉じてきます。

 

お肌がオイリーで困るという方だけでなく 大人ニキビが出来やすい方も化粧水での保湿を見直してみましょう。

 

 

オイリー(脂性)肌におすすめの化粧水の条件とは?

 

脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

オイリー肌対策におすすめの化粧水の条件とはどんなものがあるでしょうか?

 

 

オイリー肌改善のために必要なのは化粧水での保湿。

 

その化粧水も たっぷりと使って保湿をすることが決め手となります。

 

 

化粧水を沢山使うと 逆にお肌がベタつくのでは?と心配するかもしれません。

 

ですが化粧水にも 様々な種類のものがあります。

 

オイリー肌の方におすすめの化粧水の条件をまとめてみました。

 

 

オイリー肌にはベタつきにくい化粧水がおすすめ

 

脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

化粧水にもさまざまな種類があります。

 

中には しっとり感が得やすいものもあります。

 

このタイプの化粧水は乾燥肌向けで 脂性(オイリー)肌の方には重い使用感になっています。

 

 

脂性(オイリー)肌でしたら このようなタイプの化粧水ではなく、オイルフリーでさっぱりとした使用感のものを使いましょう。

 

さっぱりしている化粧水なら たっぷりつけても重くなりません。

 

その上で、お肌の奥をしっかり保湿できる化粧水を選ぶようにしましょう。

 

お肌の表面はさっぱりとしていて お肌の奥が潤いタイプの化粧水がいいでしょう。

 

保湿を意識すると ベタつくのでは?と思うかもしれませんが ランキングで人気の化粧水は さっぱりして保湿もできるものが多くなっています。

 

まずはこのような化粧水を選ぶことからはじめましょう。

 

 

オイリー(脂性)肌化粧水でニキビのケアも

 

オイリー肌で お肌のテカリだけでなく ニキビにも悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

 

オイリー(脂性)肌対策に活用できる化粧水には、ニキビケアや予防もできる化粧水も多くあります。

 

お肌にさっぱりと使えて しっかりと保湿をしながら ニキビ対策ができます。

 

お肌のテカリだけでなくニキビも気になる方は このタイプの化粧水がおすすめです。

 

 

オイリー(脂性)肌なら化粧水だけでなくスキンケアの見直しもおすすめ

 

脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

過剰な洗顔などのスキンケアは お肌をさらにオイリーにしてしまう原因の一つ。

 

化粧水だけでなく、あなたのスキンケア方法全体を見直してみましょう。

 

 

オイリー肌と洗顔

 

脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

脂性肌の方は 洗い上がりがさっぱりしている洗顔料が好みという方もいるでしょう。

 

べたつきやすいお肌だと すっきりと皮脂が落ちると気持ちが良いものですが 実はこの洗顔が問題かもしれません。

 

というのも さっぱりしすぎる洗顔はお肌にとって最低限必要な皮脂まで奪い取ることがあります。

 

過剰に皮脂を失ったお肌は 自らを守るために皮脂をどんどん出してしまうのです。

 

オイリーだから ごっそり皮脂を洗い流す、というのは実は悪循環なのですね。

 

おすすめは 毛穴の汚れまでしっかり落として潤いを残す洗顔料。

 

サッパリ洗顔に慣れた方にとっては はじめのうちは洗い上がり感に違和感があるかもしれません。

 

ですが お肌に保湿感が残るくらいの洗顔が オイリー肌にはちょうど良いのです。

 

そして洗顔後にはすぐに化粧水で保湿ケアをするようにしましょう。

 

 

オイリー肌と収れん化粧水

 

脂性(オイリー)肌の方は 収れん化粧水を使うこともあるでしょう

 

 

この収れん化粧水は お肌のひきしめのための化粧水。

 

さっぱりと使えて お肌がひきしまる、ということでオイリー肌の方にとって使いやすい化粧水と言えます。

 

 

普通の化粧水や美容液でのケアをして 最後にコットンなどを使って収れん化粧水を軽くお肌になじませるのです。

 

さっぱりしているから、ということで収れん化粧水だけでのケアというのはNG。

 

お肌の保湿が不足してしまい、余計に皮脂が出てくる原因になってしまいます。

 

 

オイリー肌は まずは さっぱりめの通常の化粧水でしっかり保湿するのが基本のケア。

 

その上で 夏場のプラスアルファのケアとして収れん化粧水を使うようにしましょう。

 

 

オイリー肌とメイク直し

 

オイリー肌の場合 メイクの脂浮きやメイク崩れがとても気になるということが多いでしょう。

 

こまめにメイク直しをする際に 気を付けたいのがあぶら取り紙。

 

脂性(オイリー)肌で あぶら取り紙が手放せないという方もいるでしょう。

 

 

このあぶら取り紙、実はお肌にとって余分な皮脂だけでなく最小限必要な皮脂まで奪ってしまうことも。

 

また、あぶら取り紙は お肌の水分も同時に取り去ってしまいます。

 

 

急に皮脂と水分が減ったお肌は 皮脂を過剰に分泌しはじめます。

 

ですので メイク直しの際にはあぶら取り紙を使わずにティッシュを軽く押さえて皮脂をオフする程度にしましょう。

 

 

オイリー肌とメイク落とし

 

メイクは一日の終わりにきちんと落とすことがスキンケアの基本です。

 

その際に メイク落としを使うことになりますが、さまざまなタイプのものがありますよね。

 

メイク落としは ミルクやジェル、オイルタイプなどがありますが、オイリー肌でしたらジェルタイプで水で洗い流すタイプのものがおすすめです。

 

メイクをすっきり落とすと人気のあるオイルタイプのものは毛穴の開きなどの原因になりやすく、皮脂が出やすい状態のお肌にはおすすめできません。

 

 

最近では美容液成分を配合されたノンオイルのクレンジングなどもあり、保湿効果も期待できるとあり人気になっています。

 

こういったクレンジングでメイク落としをすることをおすすめします。

 

 

男性のオイリー(脂性)肌にも化粧水でのケアがおすすめ

 

脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

オイリー肌は男性も女性と同じように お肌の奥が乾燥してしまうことが大きな原因です。

 

ですので、女性のケアと同様に サッパリした使い心地の化粧水でしっかりとした保湿ケアをするのがおすすめです。

 

 

男性のオイリー肌対策というと メンズのスキンケア製品で顔拭きシートや洗顔料などがあります。

 

ものによっては 皮脂を過剰に取り除いてしまいます。

 

皮脂を過剰に取るだけで保湿をしないケアでは さらにお肌から水分が蒸発するだけという悪循環になりがちです。

 

ですので 皮脂を取るだけではなく、化粧水での保湿ケアを優先させるようにしましょう。

 

 

また、男性用のスキンケア製品には 清涼感を出すためのメントール配合の化粧水などがあります。

 

こういったメントールなどの添加物はお肌に刺激となりやすいので注意が必要です。

 

まずは ランキングで上位の化粧水でしっかりと保湿からはじめることをおすすめします。

 

詳しくは 男性向けの脂性肌化粧水とは? をご参照ください。

 

 

脂性(オイリー)肌化粧水 質問箱

 

脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

 

脂性(オイリー)肌用化粧水についての質問にお答えしています。

 

 

オイリー肌化粧水だけでのケアで良いでしょうか?

 

化粧水でオイリー肌対策をする場合、化粧水だけでのケアにすべきか、他のものも使うべきか迷うこともあるでしょう。

 

ふだん美容液なども使っている方は 化粧水だけにしてしまうべきか悩むことも多いと思います。

 

結論から言いますと、オイリー肌化粧水のみでのケアでも良いですし、プラスアルファでケア製品を使ってもどちらでもかまいません。

 

まずは さっぱりめの化粧水でしっかり保湿をして、必要に応じて他のケア製品を使うというようにしましょう。

 

 

ただし お肌にべたつきやすい美容液や乳液の使用は控えるようにしましょう。

 

 

オイリー肌用の化粧水でランキングなどで人気のものの中には、同じラインでジェルや美容液などがあるものもあります。

 

化粧水と同様にさっぱりした使い心地のものが多くなっていますので活用してみてもよいでしょう。

 

また、皮脂がかなり出てしまっているという時などは オイリー肌化粧水だけでのケアで様子を見るとよいでしょう。

 

 

オイリー肌用の化粧水だけで毛穴のケアまでできる?

 

オイリー肌で 毛穴が開いてしまって悩んでいるという方も多いと思います。

 

毛穴の開きには様々な原因があります。

 

皮脂汚れが詰まっているということもあれば、古い角質層が毛穴に残っている状態ということもあります。

 

古い角質は大人ニキビの原因にもなりますので、まずは毛穴の汚れを優しく取り除く洗顔料でのケアをするようにしましょう。

 

その上で オイリー肌用の化粧水でたっぷり保湿をしましょう。

 

こうすることで 開いていた毛穴が自然と閉じてきます。

 

どうしても毛穴の開きなどが気になる場合には 毛穴のケア用のジェルなども必要に応じて使ってみるのもよいでしょう。

 

 

 

オイリー(脂性)肌を改善するために心がけたいこと

 

オイリー(脂性)肌化粧水

 

 

オイリー(脂性)肌を改善するためには、皮脂を取り過ぎない洗顔とさっぱりめの化粧水でたっぷり保湿を心がけることが重要です。

 

でも、それだけでOK!という訳ではありません。

 

なぜなら、オイリー(脂性)肌の改善には 食生活などもかかわってくるためです。

 

ジャンクフードが大好き、スイーツを食事替わりにする、このような食生活では せっかくスキンケアを改善しても お肌の土台そのものが不健康になってしまいます。

 

オイリー肌の改善には健康的なお肌づくりが欠かせません。

 

そのためには お肌のための栄養素を毎日の食事から摂る必要があるのです。

 

ファストフードで食事を済ませることが多い、ジャンクフードやスイーツを食事替わりにするというようなことはありませんか?

 

お野菜やフルーツ、良質なたんぱく質を意識しない食生活は せっかくスキンケアを改善しても おもったような効果が実感しにくくなります。

 

毎日野菜からビタミンA,C,Eなどの三大美肌成分をしっかり摂るようにしましょう。

 

これらのビタミンには 抗酸化、つまり体の老化を抑制する働きがあります。

 

特にビタミンCは お肌の内側でコラーゲンをつくるもととなりますので ハリ感のあるお肌づくりに欠かせません。

 

また、良質なたんぱく質は 健やかなお肌づくりに欠かせません。

 

お魚や お肉は毎日必ず取るようにしましょう。

 

お肉は脂っこいから、と敬遠する方も 鶏のササミなど脂肪分が少なくたんぱく質の多いものでしたら安心です。

 

また、外食する際などは 揚げ物中心の食事は避け、バランスが取れた和定食などを選ぶのがよいでしょう。

 

詳しくは当サイト内 オイリー肌と食べ物もご参照下さい。

 

 

オイリー肌対策には寝不足解消も

 

脂性肌,オイリー肌,化粧水,おすすめ

 

お肌がオイリーで脂浮き解消を目指している方は、睡眠時間も是非見直したいもの。

 

寝不足=オイリー肌になる、と睡眠時間が皮脂分泌に直結しているわけではありません。

 

ですが、お肌の土台そのものは 睡眠時間をしっかり確保しないと 健康的にキープしにくくなるのです。

 

というのも 私たちのお肌の若々しさの源となる成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。

 

この成長ホルモンの分泌の妨げとなるような寝不足が続くと 肌代謝などが乱れにもつながります。

 

そのように肌の土台がボロボロになってゆくと せっかくのオイリー肌対策にも影響を与えてしまうのです。

 

また、睡眠不足は自律神経に悪影響を与えがちです。

 

お肌や体の免疫システムが下がる原因にもなってしまいますので 避けたいもの。

 

夜更かしをする習慣がある方は 少しでも早くベッドに入るようにする、スマホを枕元に置かないなどしてみましょう。

 

詳しくは オイリー肌とストレス もご参照ください。