インナードライでオイリー肌に

インナードライでオイリー肌に

インナードライという言葉を聞いたことがありますか?

 

お肌の内側が乾燥している状態で、お肌の奥で潤いが不足ていることを指します。

 

乾燥肌というと お肌の表面がカサカサしているというタイプもありますが、表面はカサついていない、皮脂でヌルっとしていてもお肌の内側は乾燥しているということもあります。

 

このインナードライ、お気づきのように お肌の表面がオイリーになることでも知られています。

 

なぜ皮脂が出るのかというと、お肌の内側の水分が少なくなると これ以上水分を失わないように お肌は表面に皮脂を出しはじめるためです。皮脂でフタをして潤いを失わないようにする、といったイメージですね。

 

オイリー肌化粧水

 

ですので、オイリーだからとせっせと皮脂を取りのぞくだけのケアをしていても さらに皮脂が出てくるだけという悪循環になりがちなのです。

 

これを解決するには 徹底した保湿!

 

お肌の奥まで常に潤いが行き渡るようになると お肌は水分を守るための過剰な皮脂分泌をしなくてすむようになります。

 

夏場など どうせ汗をかくから、べたつきそうだからと化粧水での保湿をあまり行わないでいると インナードライ状態になりがちです。

 

さっぱりした使用感の化粧水で しっかり保湿をしましょう。